HOME>特集>矯正歯科では抜歯が必要?矯正治療で抜歯が必要と言われたら

矯正歯科では抜歯が必要?矯正治療で抜歯が必要と言われたら

歯科矯正

どのような場合に抜歯が必要なのか

矯正治療を受ける中、抜歯が必要になるケースは少なくありません。特に大人の治療の場合は特に抜歯を進められるケースが多くなります。またなぜ矯正治療では抜歯をする必要があるのでしょうか。それは歯の大きさと歯を支えるあご骨の大きさに関係しています。歯は歯槽骨というU字型のあごの骨に支えられて生えています。しかし歯が大きい、または歯槽骨が小さいと歯が綺麗に並べるスペースが足りない為、歯並びが悪くなってしまいます。矯正治療ではこの歯槽骨の上に歯を綺麗に並べる為のスペースを作る必要があり、歯並びの状態によってそれが出来ない場合は歯の本数を減らし、他の歯を綺麗に並べる為のスペースを確保します。これが矯正治療で抜歯が必要な理由です。

歯科矯正

カウンセリングが重要!

矯正治療の中には歯を抜く必要が無い、抜歯がひつようのない治療法もありますが、これは歯並びの状態が比較的悪くない場合に行われる治療法です。もしも本来抜歯が必要なのに、非抜歯矯正で治療を行った場合、全体的に歯が飛び出たり治療後の歯が戻りやすくなったりする等、適切な治療を行わなければ治療が失敗してしまう可能性もあります。このような失敗を防ぐには矯正歯科医院でカウンセリングを受けるようにしましょう。矯正歯科医院でのカウンセリングではほとんどの場合、専門の医師から直接話を聞く事が出来ます。またカウンセリングを受ける事で治療にかかる期間や治療の為の抜歯が必要か、実際の治療計画や装置の説明等、具体的な流れを聞く事が出来ます。